競馬場のレースコースの特徴をとらえて競馬を楽しむ

【中山競馬場編】

JRAの競馬は、北は北海道の札幌から、南は福岡県の小倉まで、10の競馬場でレースが行なわれています。それぞれの競馬場には特徴があり、馬によっては競馬場による得て不得手がでてきます。こうした要素を見極めることも、馬券的中、競馬満喫の重要な要素なので、知識として身につけておくとよいでしょう。

(芝コース)中山競馬場の芝コースには、ゴール前、最後の直線に「心臓破りの坂」とよばれる急坂が設置されています。この坂の手前までギリギリ粘っていても、坂超えでへばってしまって、後続の馬に抜き去られてしまう馬もいます。中山競馬場は、毎年暮れのグランプリレース「有馬記念」が行なわれますが、このレースが行なわれる2500メートルのコースは、スタートしてコーナーに入るまでの距離が短いため、内枠に入った馬のほうが圧倒的に有利な結果が出ています。特に、前に行く馬、逃げ馬が外枠に入ると、スタートダッシュを相当きかせる必要がでてきます。芝2500メートル以外のコースでは、枠の有利不利はあまりありません。一般的に「非力な馬」とよばれる、体重が軽く、後ろ足の筋肉が発達していない馬にこういった傾向が見られます。実力や血統が良くても、坂が苦手という馬は多いのです。しかし、こうした馬が中山競馬場でよい成績を残せなくても、他の坂のない競馬場で一変して勝ち切ってしまうといったレースは非常に多くあります。

(ダートコース)中山のダートコースで特徴的なのは、1200メートルのレースです。スタート地点が芝生でできており、その距離は外枠に行くほど長くなります。馬はダートより芝生のほうがはやく走れるので、外枠のほうがスタートダッシュをつけやすく、特に7枠、8枠に入った馬は内枠の馬より、0.5秒ぐらいの有利がはたらくといわれます。また逆に、芝生を走る馬もいるので、他の競馬場でよい成績を収めていても、中山ダートの1200メートルコースでは芝生に戸惑い、惨敗するといったケースも多々あります。

競馬に欠かせないのが競馬予想ですが、どうしたら的中率が上がるのでしょうね!
競馬の勉強が必要です。

このページの先頭へ